雑種のポメラニアン

フリープログラマーの日記とか人生観とか綴るよ

人生と夢

「人生って何だろう?」って考える人もいると思います。
これについて夢を見ながら、人生とは何なのか
ほんの少し結論がでた。

COWBOY BEBOP 天国の扉」の中で
ビンセントという人生に絶望した人物が
「死など恐れちゃいない。
静かに夢を見るだけだ・・・永遠に続く夢を・・・」
という台詞があります。

俺は逆だ思う。
「死は新しい朝を迎えるために、永い夢から覚めるだけだ」
と思っている。

だから、人生を粗末にしてもいいと言っている訳ではない。
「人間は肉体を失ったとき、人から忘れられたとき
2度死ぬ"という」死生観があります。

つまらない夢はすぐに忘れます。
つまらない人生を送って
夢から覚めたときにすぐ忘れられるような人生を送ると
目が覚めた後(死んだ後)に忘れられたときに
本当に死ぬのだと思います。

俺は今、夢を見ている自分に
死ぬまで忘れられないような
インパクトのある夢を見させたい。