雑種のポメラニアン

フリープログラマーの日記とか人生観とか綴るよ

鋼の錬金術師読了

ハガレンを友達に全巻借りて1週間かけて読了。
いやぁ凄かった!
荒川弘氏は最初から最後までストーリーを用意してたんですね。
傷の男がでてきたときでも、少年漫画にありがちな
「ここで最強ライバル登場!」
みたいな安っぽさがないというか
ちゃんと登場してきた背景とか強い秘密などが
中後半を読めばちゃんとわかるようになっている。

あれだけ重い話を最後の最後に超ハッピーエンドに持っていく
荒川氏の力量は凄い。

日本のファンタジーコミックスとしては
ベルセルクに並ぶ作品であると評価したい。

ベルセルクは結末用意してあるのかな?続きが楽しみ。

ハガレンの映画観に行くか〜!