雑種のポメラニアン

フリープログラマーの日記とか人生観とか綴るよ

他のマシンで使っていたストレージをVirtualBoxでブートする方法

物理的なストレージからブートできることに感動しててやり方を書くのを忘れてました。

まず、外したストレージを何とかして母艦に繋ぎます。
私はGroovyのUD-500SAという製品を使ってUSB経由で接続しました。
Ubuntu上で見るとストレージが/dev/sdcでした。
/dev/sdcは所有者がrootなので、ここから先はrootで作業します。

VBoxManage internalcommands createrawvmdk -filename sdc.vmdk -rawdisk /dev/sdc

というコマンドで、VirtualBoxからストレージへアクセスするための仮想ディスクファイルを作ります。
ウェブで言うところのプロキシみたいなもんですね。
VirtualBoxで新規仮想マシンを作成します。この時はディスクを指定しないでください。
新規仮想マシンの設定を開き、ストレージに先程の仮想ディスクファイルを追加します。

以上で違うマシンにストレージを付け替えたのと同じ状態になるので
OSがハードに合うように上書きインストールなりなんなりするとブートできるようになります。

結構凄い技なんじゃね!?