雑種のポメラニアン

フリープログラマーの日記とか人生観とか綴るよ

日清のカップヌードルはなぜ不動の人気を誇るのか

私はラーメン好きで、カップラーメンもよく食べます。
最近明星からチョッパヤという一分でできるラーメンにはまってます。
私は一分で出来るより3分で出来た方が美味しいなら3分待てますが
チョッパヤは硬い麺(バリカタとのことですが私にはハリガネ位に感じられます)
が売りで、早く食べられることが売りではありません。

博多ラーメンを食べるときはいつもバリカタなのですが
それ以上に硬いカップラーメンというのは画期的だと思います。
スープもかなりイケるし具に高菜を選んだ点もポイント高いです。

今お腹が空いてて食べたい気分なのですが
カップラーメンの王様日清のカップヌードルについても考えてみたいと思います。
まずカップヌードルの麺が縮れ麺なのがポイントです。
スープもしょっぱめなので、スープをすすらなくても
麺がスープによく絡んで満足感があります。
また正体がよくわからない四角い肉の具も醤油味に合ってるし
エビも卵焼き(?)も他のラーメンにはあまり見られない具です。
カップヌードルに唯一似ているのはカップスターだと思いますが
何か見劣りします。これについては原因が分からないです。

つまりカップヌードルというのはラーメンではなく
日清の研究の末に生まれたカップヌードルという食べ物なのです。

例えば1週間チョッパヤかカップヌードルをの常食にすることを選択しなさいと言われたら?
という命題をなぜか考えてしまいました。
そう考えると自分はやはり日清のカップヌードルになると思います。

カップヌードル提供のFreedomというアニメが個人的に気に入っているのですが
宇宙食として採用されるインスタントラーメンはやはりカップヌードルなのではないでしょうか!?