雑種のポメラニアン

フリープログラマーの日記とか人生観とか綴るよ

エクセル・サーガの最終巻読んだ。これは何かの金字塔を打ち立てた。

15年続いたんだ・・・テキトーで不真面目な漫画だと思ってたんだが
最終巻の重々しい出来が謎だ。15年のインパクトがまとめてかかってきた。
今にして思えばナベシンのあのアニメは何だったんだろうか・・・
いちいち作者の六道先生の許可を得て暴走していたようだが
あのナンセンスさがこのアニメの特徴を掴んでいるように思えた。
だが最終巻を読むと何か違う。六道先生なりの世界制服観を垣間見せている・・・
ような気がする・・・。多分気がするだけだけど・・・
この漫画は何かの金字塔を打ち立てた・・・ような気がする・・・多分気がするだけだけど・・・