雑種のポメラニアン

フリープログラマーの日記とか人生観とか綴るよ

10年以上前に知り合った友達とLINEで繋がって、チャットして感じたIT業界の悲哀

10年以上前に少々ブラック気味の会社で知り合った友達と
LINEで繋がってチャットした。

彼は私より2つ3つ年下だったと記憶してるが
話によると、かなり重度の鬱を患っているらしい。
IT業界じゃ珍しい話じゃないが
新しい技術畑に移ろうとすると「経験が足りない」と言われ
慣れた技術だけだと「年取りすぎ」と言われるそうだ。
同じような時期にこういう相反すること言われたら鬱にもなろうと言うものだ。

しかし私もPHPからRubyに移ろうとした時、経験を問題にされても乗り切った経験があるので、彼の努力不足は否定できない。
でも35歳以降まで開発畑にいたら、言われたことはなくても気にはしたことは誰でもあるはず。

これは運もあるけど、転職は早めに経験した方がいい。
なぜなら同じ職場に長く居続けると、違う仕事に移るのが難しくなるからだ。
職場が同じでも同じ仕事を続けるということはIT業界では稀なことだ。
前の職場で活躍してて、異動したらとたんにのけ者扱いなんてよくあることだ。

何とか同じ仕事を続けようとしてもいつか限界がくる。
その限界が来るのが遅ければ遅いほど対応が難しくなる。

誤解の無いように言っておくと転職したからってそうそう給料なんて上がらない。
給料が同じなら違う仕事に就いても対応できる能力がないといつか干される。
そうなると幹部になるか、会社を起こすか、営業に移るか、業種を変えるかくらいしか選択肢がないのではないだろうか。
正直どの選択肢も先は厳しい。

私も20代の頃は「これさえ身につければ一生安泰」という夢のような技術があるのではないかと思ったし
インターネットが普及する前に確かにそう判断しても差し支えないようなものがあった。
この頃は技術が=知識だった。でも今は違う。
新しい技術を調べて学んでアウトプットする必要がある。
一つの技術に強ければいつまでも通用する時代ではない。
一つの技術に固執するのは身を滅ぼす。
一人でシステム開発の切り盛りができること。更には自分で企画して売り込んで
承認してもらって、自分で作って納品して保守する。
それが理想的だ(現在のところは)。

新しかった技術にとっとと飽きて次の技術をやりてーな〜って仕事を移れる人が生き残れる。
変化に適応できるのが結局生き残るとダーウィンも言っている。