雑種のポメラニアン

フリープログラマーの日記とか人生観とか綴るよ

Nexus7の使用感レポート

開発レポートより、使用感のレポートの方が後とかおかしいけど・・・

iPad miniとの比較。

<短所>
・時々落ちる。ただし、KitKatにアップグレードしたら激減した。
・真のマルチタスク故に、アプリの動作に若干ブレがある。
 ただしはっきり分かるのは、リアルタイムゲームだけね。
 ある意味Androidは真面目すぎる。
 どうせシングルウィンドウなんだから
 カレントアプリの動作をもっと優先させていいと思う。
Google謹製以外のアプリで同一のアプリがあった場合は
 iアプリの方が使い勝手がいい。
 ただしGoogle謹製アプリの使用率が明らかに高いので
 結果的に引き分け。

<長所>
Google謹製アプリは明らかに使いやすい。
 複数人とハングアウトでTV電話も可能。
 別アプリを起動してもハングアウトを続行できるのも便利。

iOSに比べて「あそび(いい意味でのムダ)」があって、使ってて気楽。
 特徴的なのは「ウィジェット」。
 アイコンの隙間すら許さないiOSの律儀さと比較すると
 アイコンを自由に並べて、NozbeとTrelloのウィジェット
 下記のように表示させてみると・・・

f:id:JironBach:20140130211659p:plain

NozbeとTrelloを確認するのに、いちいち個別のアプリを起動しなくても
画面一発で、両方確認できて、今やるべきことが一目瞭然なのは
かなり気持ちがいい!!!

ジョブズ的にはウィジェットなんてあり得ないという発想だったのかも知れない。
個人的にもウィジェットなんて、Windowsは論外だし
MacOSでF12押した時に表示されるウィジェットも、嫌いではないが
いざというときウィジェットの存在をつい忘れてしまう。
Androidウィジェットの実用的な使い方を示した、良い例だと思う。

・TV視聴
 今iPadに依存してるのはTVなのだが
 Nexus 7 でテレビ視聴!「Twonky Beam」が凄い件、トラブル対策 と 設定(nasne) | タブクル
 によるとテレビも観られるらしい。
 SoftbankセレクションのTVチューナーはiOSに縛られるのだが
 nasneなら出力機器を選ばないので、こっちの方が絶対いいはず。

・縛りのユルいアプリが多くて、楽しい。
 iOSのカッチリしたアプリを使うのも安心感があるが、ちょっと窮屈。
 AndroidのRazikoみたいなユルいアプリを使っていると
 開放感があって気持ちがいい。
 他にも英語なのだが、起業指南アプリとかあって
 Androidならではのアプリを探すのが楽しい。

TVさえ何とかできれば、もうiPadは出番なさそう。
iPad Airは欲しいけど、無理に買うほどの理由も見つからない。
という訳で、心の中ではNexus7 2013の購入がほぼ決定。

スマホという意味では、動作の安定したiPhoneの方が良さ気だけど
Nexus7でできなくてiPhoneならできることって殆どないから
(写真のデコくらいですかね・・・)
電話は安いガラケーを着信専用にして
iPhoneIP電話発信用に使えばお財布にも優しい。
市場規模を考慮してiPhoneアプリの開発は有り得るかも。
でもiPhone4Sを買い替える理由は思いつかない。

タブレットという意味ではApple信仰は捨てました。
スマホという意味でも時間の問題のような気がします。