雑種のポメラニアン

フリープログラマーの日記とか人生観とか綴るよ

「誰でもできる仕事です」という仕事を受発注してはいけない3つの理由

多分動機としては、価格を抑えるためなんでしょうが
「こんなの誰でも(「自分でも」も意味は同じです)できる仕事です」と言って
発注しようとする、(業)者を時々見かけます。
これについては下記理由により、受注すべきではないと考えます。

  • 誰でもできる仕事なら自分でやりましょう。

誰でも出来る仕事を割り振っていいのは
部下の教育の名目で上司が割り振る場合だけです。
発注元は上司ではなく、発注先は部下ではありません。

  • 仕事は「やる」か「できない」かどちらかの状態しかありません。

仕事が「できる」(けど)「やらない」という状態はあり得ません。
理由がどうあれ「やらない」なら「できない」のです。
「やらないけどできる」などという言い訳が通用すると思うのは
受注側であろうが発注側であろうが、仕事をする人間としてプロ失格です。
どうしても「できる」と主張したいなら「即」自社(自分)でやりましょう。
「できない」なら「依頼(お願い)」しましょう。
「僕でもできるんですけど、やってください」はたとえ社内でもNGです。
ましてや受発注が絡むなら絶対禁句です。

  • 仕事の受発注は「社会活動」です。相手には敬意を払いましょう。

「誰(僕)でもできる」というのは
発注先の仕事に不満があった場合に
(僕より)劣るんだから「敬意(またはお金)を払わない」
という口実を用意しているのと同じことです。
発注する以上は「自分ではできない何らかの理由」があるのに
こういう口実を用意してから発注するのは明らかに卑怯です。
「(僕でも)一日でできます」と期限を設定するのも
同じ理由ですべきではありません。

受注側がこういう事言うと、メチャメチャ反感買いそうですが
「仕事の受発注は社会活動である」「社会活動である以上相手に敬意を払うべき」
というのは、人間として当然の基本だと思います。
受注側がこういう基本を抑えてない場合は、契約を切れば済む話ですが
発注側がこのくらいの基本は抑えておいてくれないと
トラブルになるのは確実です。

「1000円でも払ったら、客の言うことは何でも聞け」という
安っぽい人間とはいくらでも闘いますよ、私は。