読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑種のポメラニアン

フリープログラマーの日記とか人生観とか綴るよ

もーだめ・・・笑いの涙で最後まで読めない・・・

面白いコピペ集めようぜ BIPブログ

23 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/17(月) 15:39:54.92 id:xwBhvIgvP

高校の頃、英語の授業に20代前半の結構イケメンなアメリカ人教師が来た。
授業は一人一人アメリカ人先生に名前を呼ばれ、
前に出てマンツーマンで話をするっていう形式。
先生には授業前に生徒の名前をローマ字に直したプリントを渡していた。

授業が始まると片言の日本語で挨拶をする先生に
女子連中はキャーキャー言っていたけど、
それを結構厳しい口調で注意するような真面目な先生だったので、
みんな真剣に授業に臨んでいた。
授業は順調に進み、結構人気のあった女子の「新保(しんぽ)さん」の番になった。
先生はそれまでやってきたように大きな声で彼女の名前を呼んだ。

「ジャアツギノヒトネ。ンーーアーー・・・ちんぽ!ちんぽサン!」
生徒たちは一瞬凍りついた。これは笑ってはいけない!
でも、多分「シンポ」と言っているんだろうけど、
どう聞いても日本語の「ちんぽ」だったし、
「それまで片言だったのに、なぜよりによって
「ちんぽ」の発音だけがこんなにもネイティブ!」とか
「「ちんぽ」に敬称を付けている」とか考えだすとみんな耐えられなくなった。
結局、新保さん以外の全員が爆笑。新保さんは顔を真っ赤にしてうつむいていた。

その様子を見ていたアメリカ人先生は状況が飲み込ていないようだが、
生徒の一人がみんなの笑いものになっている状況だけは理解できたのだろう。
突然般若のような顔になり、その爆笑をかき消すかのような大声で
「シャァァラッップッ!!」と全員を一喝した。
その表情とテンションの凄さに、教室は水を打ったように静まり返った。
しかし先生の怒りのボルテージは上がったまま。

新保さんの肩に手を置くと
「ナンデ?ナンデミンナちんぽをワラウ?ちんぽガナニカシタ?」
全員が「お前のせいだ。あと男性生殖器の名称を連呼するのやめて!」と
思っていただろう。
その後、慰めようとしたのか、先生は優しい口調で、
うつむいて座っている彼女に語りかけた。

「ちんぽゲンキダシテ。マエニキテクダサイ。ちんぽスタンドアップ!」

 

新保さんも笑った。