読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑種のポメラニアン

フリープログラマーの日記とか人生観とか綴るよ

映画「レ・ミゼラブル」感想

一言で言って「ハリウッド本気出しすぎ」。
最初からテーマが重すぎて
最初の30分はその場から逃げ出したくて正視できない。

30分で逃げられなかったらあきらめて最後まで見よう。
精神的にキツイが、実際にはありえないような
怒涛の超展開の前から逃げようにも逃げられない。

演技・映像・音楽・脚本・演出すべてにおいて隙がない。
故に「ハリウッド本気出しすぎ」なのだ。

未見の人は、ひやかし半分でもいいから観てみることをオススメする。
多分ひやかしたことを後悔することになるでしょう。
そしてそれは、やっぱりハリウッドって凄いと、人間って素晴らしいんだなと
心地良い納得感に包まれることになるでしょう。