雑種のポメラニアン

フリープログラマーの日記とか人生観とか綴るよ

電位治療器に関して、しつこくて申し訳ない。暖を取るには神経→皮膚→部位→外気という順番があるんじゃないかな!?

ブログには書かなかったけど、電位治療器でこむら返りが治ったからって
絶対的な運動不足が解消するわけではありません。
こういうのって体の内側と外側から等しく働きかけないとダメだと思います。

冬寒い時に今までエアコンで外気を温めることだけが大事だと思ってたんですけど
電位治療器で「体が芯からポッカポカ」っていう感覚を覚えたら
エアコンの設定温度が2度位下がったんですよ。
で、イオネス AX-HM1006Hの電位治療で体の芯がポカポカするって感じても
外気が寒かったら、寒いことは寒いと気付いて
イオネスのヒーターも付けてみたんです。
そしたら皮膚(お尻)があったかくて、「これはいいや!」って思ったんですが
それでも外気が寒かったら、おしりだけ暖かくても太腿とお腹が寒かったら
やっぱり寒いんです。
じゃあそこで毛布を被ってみたら!?って思って膝に毛布かけてみたら
もうポッカポカ!!!
ヒーター・エアコンはそれぞれ最低レベルがコツです!
体の芯から温まるんじゃなくて「心から」温まるんですよ!

時期を逃した感じしますけど、暖を取るのは
電位治療器で神経を→
ヒーターで皮膚を→
毛布で部位を→
エアコンで外気を
バランスよく温めるのがコツだと思います。
これが電気代も一番安く済むと思いますよ。

体は暑いのに体の芯が寒いって事あるんですよ。
夏は逆(体は冷えてるのに体の芯が暑い)と言う事もあります。
夏場対策は今年考えてみますけど
自律神経の活発化は基本だと思いますね。