雑種のポメラニアン

フリープログラマーの日記とか人生観とか綴るよ

パズドラとモンスターストライクやってみた感想

2000万ダウンロードのパズドラと
600万だか800万だかのダウンロードを達成したという
モンスターストライクをやってみた。
いや、ゲーム関係の仕事に入りそうでオススメされたので・・・

先に、後発のモンスターストライクをやってみたのだが
アクション要素のある、スマホゲームはあまり慣れてなかったので
パチンコかビリヤードの要素のある攻略系ゲームという以外は
最初は意味が分からなかったのだが
やりこんでく内にパチンコ球のように跳ね返って
モンスターを攻略するグラフィック要素が癖になってしまった。
モンスターを獲得して育成することで
強力なパチンコ球を作れるという発想は秀逸だと思う。
ちなみに、ゲーム開始時に
リセットマラソン
という方法でお気に入りのモンスターをまずゲットするのがコツで
これをやると、キャラに思い入れができる。

次にパズドラだが、あまりやりこんでないが
モンスターストライクはパズドラを相当パクり
・・・いや研究しましたね。
モンスターをゲットして育てて
パズルを解きながら、ダンジョンを攻略するとは
これも発想が秀逸過ぎます。
ただ、個人的には狭くて暗い所があまり好きじゃないので
ダンジョンに限定しなくても良かったんじゃないかな?
町中進む時は、選択要素のあるすごろくみたいにして
パズルを賢く解いたら、大きく進むとか金が入るとか
そんな要素があっても良かった気がする。
モンストの先発なので、グラフィックのアクション要素が弱く
初代ドラクエみたいなのが、いいんだか悪いんだか・・・

いずれにせよ、モンスター育成系の協力プレイ可能な
スマホゲーというのは、仲間作ったらハマりますね。

新しいゲームのジャンルを切り開いたと思います。
ゲーム王国日本の面目躍如!!!