読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑種のポメラニアン

フリープログラマーの日記とか人生観とか綴るよ

キャベジンの薬瓶の注意書き読もうとして、自分の年を実感した。

胃がもたれてキャベジン飲もうとして
「一回何錠だっけな」と注意書き読んでたら
字が小さくて読めない読めない。
で、小さい文字を読む時はメガネを外した方が読みやすいと
気付いたんだけど、近くの小さい字を読む時に
メガネを額にずらして、目を細めてるとか
もう「お年寄りじゃん!?」
まだそんな年じゃないはずだが・・・

これはメガネのセッティングに原因があるのではないかと思いたいが
普通の視力検査だと1.5の数値を叩き出すので
少なくとも30cm〜10mという日常最も必要とされる
距離においてはメガネ屋さんはまったくいい仕事をしたわけで
10cm〜30cmの近距離の超小さい文字の時までとなったら
もう老眼鏡だよね・・・

とりあえず薬瓶の注意書きが小さすぎるんだと
無理やり自分を納得させている。