読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑種のポメラニアン

フリープログラマーの日記とか人生観とか綴るよ

ちょっと大きめの停電があって思ったこと

エッセイ

PCはノートだし、その時使ってたのはケータイだったから
即座には気付かなかったのだが
よく考えたら、エアコンが止まってルーターの電気が消えてる。

両親は寝てるし
「俺しか起きてないのに落ちるとはヘタレなブレーカーだな!」
と真っ暗闇でも電源のところまでは行けたが
さすがに明かりがないとブレーカーまで分からない。
Androidの懐中電灯アプリを起動して、もう一度電源を確認したら
ブレーカーは落ちてなかった。
「へ?停電?今どきめずらし〜!」と変に感動しながら部屋に戻って
窓から外を見たら街灯が消えてる!

TEPCO : 停電情報

長期戦になりそうだったので、PCとiPadの電源落として
AndroidBluetoothヘッドホンでTOEICの勉強してた。
つくづく便利な世の中だ。

しかしAndroid, iPad, macのバッテリーが切れたら
もう寝るしかないなと思ってたら
30分か1時間かよくわからないが復旧した。

停電してもケータイとタブレットのバッテリーがある限りは
まぁ何とかなるものだ。
PCもノートがあれば完璧。
充電済みの外部バッテリーもあるし中規模停電なら怖くないな。

文明の進歩に感謝。