読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑種のポメラニアン

フリープログラマーの日記とか人生観とか綴るよ

機動戦士ガンダム THE ORIGIN「青い瞳のキャスバル」感想!!!

エッセイ アニメ

年代的にガンダムに思い入れがあるのはまあ普通として
THE ORIGINの存在はかなり前から気になってはいた。
マンガを読むには至らなかったのだが
最近アニメがGooglePlayで1000円で配信されたので購入してみた。
視聴期間の制限付きで1000円は高いんじゃないの〜?
と思いつつも気になって気になって、買ってしまった。
「今眠いんだけど、ほっといたら視聴期間が・・・」
と見始めた時のテンションは最低だった。

・・・だが・・・見始めたら、面白いのなんの!!!
シャアの父ちゃんの暗殺シーンから始まるのだが
その後のサイド3(だと思う。ジオンの拠点になるスペースコロニー
の政権争いに巻き込まれるシャアとセイラの兄妹が
運命に翻弄されるさまから目が離せない。

まだ、モビルスーツガンタンクの初期型(でも1stのよりかっこいい)
しかないのだが、自衛隊が取材協力してくれたようで
動きまわるさまがかっこいい!!!
一瞬少年シャアが赤い彗星に覚醒しかけるシーンもかっこいい!!!

ランバ・ラルはできるヤツだ〜!!!
ハモンはいい女〜!!!
ドズルは不死身か〜!?
ギレンとキシリアは仲が悪いのね?
ガルマ、カワイソス・・・
・・・な要素満載!!!

1stだけだとシャアがガルマを謀るシーンの
「ガルマ、聞こえていたら君の生まれの不幸を呪うがいい」
 君はいい友人であったが、君の父上がいけないのだよ。」
なんてセリフ意味分かるわけないじゃん。
THE ORIGINを見ればわかる!

1stより後のガンダムがオリジナルを超えられなかった理由は
表向きの主役(アムロ)と裏の主役(シャア)というような
深い演出の設定ができなかったからじゃないかな。
今にして思えば、Vも∀も直球過ぎて深くはなかった。
ガンダムの真の主役はシャアであるという視点で見ると
1stも面白いのだが、それを真っ向から表現したのがTHE ORIGIN。

声優に田中真弓を起用したのもなかなかいいチョイスかも。
安彦良和の無駄のないセリフと自然な演出も素晴らしい。
安彦良和は天才だ!!!

ガンダムを愛しているなら是非見てください。