雑種のポメラニアン

フリープログラマーの日記とか人生観とか綴るよ

心が折れてしまった時に出会った本

8月に入院してから、どうしても仕事が取れなくて
酒浸りの生活してたら、コンビニで倒れるようにすっ転んで
唇切って口から血を流して起き上がれなくて
救急車を呼ばれてしまった。
「自分で帰れます」と言って搬送は断ったのだが
あの時転んでも起き上がれなかったのが自分でもショックで
さすがに酒を控えている。

酒が飲めなくなったのと、仕事が取れないダブルショックで
心が完全に折れてしまった。

そんな折Amazonで出来心で買った本が
"人間は「心が折れる」からこそ価値がある"
という苫米地英人さんの人工知能の本だった。

人間は「心が折れる」からこそ価値がある

人間は「心が折れる」からこそ価値がある

何とも刺激的なタイトルだ。

「心が折れる」のはダメな人間の証拠ではなく
人間の素晴らしさの証拠
なんだそうです。
なんかすげー励まされた・・・

FBの仲間にアメリカで会社経営してる女性がいて
その人が発注してくれることになった。
そしたら、どうしたことかクラウドワークスでも
2件仕事の話が舞い込んできて
突然運気が上向いてきた。
年末まで仕事が確保できそう!