雑種のポメラニアン

フリープログラマーの日記とか人生観とか綴るよ

古き良き昭和の時代のお話

23〜25年振りくらいに弁理士の岩堀さんに会ってきた。
私が学生時代に会ったときにもらったサインの入った本を見せたら
「渡したことは覚えてないがこれは確かに俺の字だ!」って喜んでた。

ちなみに岩堀さんは私の母校でもある東海大卒業生の弁理士第一号です。
結局ビジネスになりそうな話にはならなかったが
岩堀さんの昔話は面白かった。

今の湘南の東海大のキャンパスができる前は代々木にあったそうで
岩堀さんは代々木の一期生だそうです。
地下に工場があり、昼間働いて
夜勉強するというシステムだったそうです。
東海大学創設者の松前重義さんの教育思想は素晴らしかったんだな。

そこの寮に入ると最初に酒とタバコを教えられるんだそうだ。
理由は近くに東大の駒沢キャンパスがあるからということなのだが
「酒とタバコと東大と何の関係があるんですか?」と聞いたら
「東大生が近くにいるとパチンコ屋とかで会うんだよ。
東大生ならともかく東海大生なら酒とタバコくらいやってないと
ナメられるからな」というような話。
いかにも昭和っぽい・・・

で、日本の民放FM放送は東海大学の実験放送が最初で
元々FM東海という名前だったのだが
それが今のTOKYO FMなんだそうだ。
今はどうかわからないが
当時は代々木近くに行くと電波塔が見えたそうだ。
ヒーリング・ヴィーナスを放送してるTOKYO FMの前身が
東海大学の実験放送が始まりだったとは知らなかった。
時を超えて平原綾香さんをパーソナリティに据えた番組を放送するとは
やるじゃん!FM東海!

岩堀さんとしては今の弁理士のビジネスが
特許の申請だけに終わってることに不満があるようで
特許をビジネスに展開するコンサルティングまでしないとダメだと力説してました。

帰りに赤坂の料亭(チェーン店)でご馳走になってきた。
f:id:JironBach:20170322162708j:plain