雑種のポメラニアン

フリープログラマーの日記とか人生観とか綴るよ

エンジェルナンバー

私が学生時代に少しハマった
コンノケンイチと言う怪しい物理学者がいたんですが
その人の話で「命数」と言うのがあります。
キリスト教の命数とはちょっと違うみたいなのですが
簡単に説明しますと複数桁の数字を1桁になるまで足して行きます。
5/31生まれの場合は
3と1を足して4で54が命数になります。
それを西暦にも置き換えたのがコンノ氏の言う命数なのですが
ソ連の書記長の誰か(確かブレジネフだったと思うのですが失念)
が誕生日の命数が666でキリスト教で言う獣の数字だったと言うようなお話。

それを私に適用すると1972/2/3なので
1+9+7+2=19, 1+9 = 10, 1+0=1
で、私の命数は「123」になるんですね。
これが面白くってついついこれが
自分の命数・エンジェルナンバーなんじゃないかと思ってます。
たまに時計見て1:23だと気になりますね。